学会賞

 当学会では、2015年4月より会員表彰制度を設け、会員の優れた研究活動および顕著な学会活動を表彰しています。学会誌賞および研究大会賞の対象は「学会誌投稿時満39歳までの会員、もしくは、終身在職権のある研究職に就いていない会員」です。

学会誌賞 ◆研究大会賞 (※所属は受賞時)

学会誌賞

◆2019年度(第11巻第1号に掲載された論文・研究ノートが対象)

受賞者 該当者なし

◆2018年度(第10巻第1号に掲載された論文・研究ノートが対象)

受賞者 笠井賢紀(龍谷大学)
題 目 住民自治組織の位置づけと機能
-政策情報学の視点から-

◆2017年度(第9巻第1号に掲載された論文・研究ノートが対象)

受賞者 ゴイ・ホーチン(慶應義塾大学大学院生)・國領二郎(慶應義塾大学)
題 目 懐胎期学生ベンチャーの成否を分けるダイナミック・ケイパビリティ

研究大会賞

◆2019年度(第14回研究大会における研究発表が対象)

受賞者 松本章伸(大阪大学大学院(院生))
題 目 テレビ番組アーカイブスを用いた研究の現状と可能性
-日本テレビの女性ドキュメンタリー制作者の作品を事例として-

◆2018年度(第13回研究大会における研究発表が対象)

受賞者 空閑睦子(琉球大学地域連携推進機構)
題 目 正課外実習を通した学生の学びと成長
-高等教育機関がサービス・ラーニングに果たす役割-

◆2017年度(第12回研究大会における研究発表が対象)

受賞者 山脇直祐(北九州市立大学大学院)
題 目 「間取り」に診る暮らしの規範構造と政治意識
-わが国近現代における市民的公共性の構造転換とその課題-

◆2016年度(第11回研究大会における研究発表が対象)

受賞者 笠井賢紀(龍谷大学)
題 目 地域内分権組織研究への生活史法によるアプローチ
-甲賀市希望ヶ丘学区自治振興会を事例として-
学会ロゴ


事務局

〒272-8512
千葉県市川市国府台1-3-1
千葉商科大学内
info@policyinformatics.org